本屋さん戒厳令

Home > 2014年12月14日

2014.12.14 Sun 【映画感想】ブラッド・ピット主演「フューリー」を鑑賞してまいりました。

【映画感想】

お早う御座います。
戒厳令の信楽で御座います。

只今公開中のブラッド・ピット主演映画「フューリー」
戦車が登場するミリタリーな作品ということと、配給元がKADOKAWAさんとゆーことで、KADOKAWA作品・【海】の「艦これ」と,【空】の「ストライクウィッチーズ」とのコラボが発表されました。


「あと【陸】はー?」


とゆーことで。
KADOKAWAさんからのお誘いで、バンダイビジュアル作品の「ガールズ&パンツァー」もコラボに参加することになったのだとか。


が。









ガルパン、外部作品なのに描き下ろしイラストが一番気合入っていてワロタ(笑)。



その理由。
「杉山プロデューサーのせいかなー?」とか漠然と思ったのですが――







予想通りでした。


流石はガルパン第5話,第6話のオーディオコメンタリーで語りまくっていた、シャーマン戦車大スキープロデューサーだわ(笑)。



























そんなワケで。
先日、同僚との会話で「フューリー」の前売り券を買っていたことを思い出しまして(ぉぃ)、一昨日、勤務明けに劇場まで行ってまいりました。


fc2blog_20141212185156ae0.jpg





※以下、ネタバレが御座います。
※ご注意下さい。



で。
感想ですが――


「ティーガーが格好良かったです。」(小並感)
(ぉぃ)



ヤ、それだけだと何なのでもう少し書き連ねてみますと。
まずはストーリー。


・戦争が人間を狂わす。
・狂ってないとやってられない。
・狂わないと生き残れない。
・戦争は良くないよね。
・でもアメリカTUEEEEEEEE!!!



とゆー感じです(笑)。
決して昔の戦争映画のような娯楽大作ではなく、最近良くある「戦争の悲惨さ」「戦争の狂気」的なテーマの作品です。
あー
もうあーゆー娯楽映画、アメリカじゃ作れないんでしょうねぇ……。(しみじみ)

ただ、戦闘シーンはガチです。
迫力も泥臭さもガチです。


その戦闘シーンについての感想ですが――


・戦車強い。
・ドイツ怖い。
・シャーマン弱ぇー!
・数あってもシャーマン弱ぇぇー!!
・ティーガー堅ぇぇー!!
・ティーガー強ぇぇぇー!!!
・ティーガー超強ぇぇぇぇー!!!
・ドイツ兵弱ぇー!
・アメリカ兵TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!



と言った感じでしょうか(笑)。
とりあえず一番の感想は、


「パンツァーファウスト、
コスパ最強!!」



とゆーことで(笑)。
(ぉぃ)


えー。
色々書きましたが、トータルとしては大満足。
とても面白かったです。
ただし、


スンゴク人を選ぶ
映画ですが(汗)。



1つだけ言えるのは、


「戦車戦が気になっている人ならば、絶対に見る価値がある」


と言うことですかね(笑)。


あーメイキング見てみたいわー。
BDに特典映像で入るなら、それだけのために買ってしまいそうだわー(汗)。



↓ポチッて戴けるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村

スポンサーサイト