本屋さん戒厳令

Home > 本屋の情報 > 角川さんが、[MF文庫J]を擁するメディアファクトリーさんを買収してしまった件。

2011.10.12 Wed 角川さんが、[MF文庫J]を擁するメディアファクトリーさんを買収してしまった件。

いや、驚いたのなんの!!

今日の更新は軽く済ませようと考えていたのですが、無理でした(汗)。


えー。
多くの方はご存知だと思われますが、オタク関連産業の出版部門は、いわゆる【角川の乱(角川お家騒動)】以降、ほぼ角川さんの独占状態にあります。
特にラノベに関しては顕著で、大手と言われるレーベル

・スニーカー文庫(角川書店)
・富士見ファンタジア文庫(富士見書房)
・富士見ドラゴンブック(富士見書房)
・電撃文庫(アスキーメディアワークス)
・ファミ通文庫(エンターブレイン)


と、これ全て角川グループだったり。
まさにやりたい放題で御座います。

が。

ここ数年になって勢力図に状況の変化が現れ始めました。
メディアファクトリーさんやソフトバンクさんなどの「ジャンル新興勢力」の台頭が著しくなり、同社によるメディアミックスなアニメ化も非常に好評を持って迎えられ、成功するケースが増加しつつあります。

逆に角川さんは、ソフトウェア(DVDやBD)販売での苦戦が伝えられたり、ネットでは読者からコンテンツの「弾切れ」を指摘されるなど、ネガティブファクターな情報に触れる機会が増加。
それを証明するかのように、実際に書店の現場でも「息切れ感」を肌で感じることが多くなってきている印象があったりします。
ですので、同僚たちと

「このままだと、近いうちに抜かれてしまうかもねぇ」
「角川さんの天下も、そのうち崩れるかもねぇ」


という話を、今日丁度していたところだったのですが。
なんと角川さん、


「他社に負けそうなら、自社にしてしまえば良いじゃない」(キリッ


とばかりに、まさかの行動へ!!



---------------------------------------------


メディアファクトリー:角川グループが完全子会社化
(毎日jp)


角川、メディアファクトリーを子会社化
(ITmediaニュース)


角川GHD、リクルート出版子会社を買収
(日本経済新聞)



---------------------------------------------



なんですとぉ?!


そ、そう来ましたか!!(汗)
お兄さんビックリだ!!
こ、こ、これは凄いことですよ奥さんっっ
コンビニ業界に例えるならば、

「セブンイレブンもローソンもファミリーマートもサークルKもサンクスも、みんな[セブン&アイ・ホールディングス]になってしまった」

り、自動車業界に例えるならば、

「トヨタも日産もホンダも三菱も富士重工も、みんな[トヨタグループ]になってしまった」

よーなものなのですっっ(大汗)










……どう見ても独占まっしぐらです。本当に(ry


しかし。
まー冷静に考えてみれば、角川さんは競合他社,中でも特に12月2日に創刊される[講談社ラノベ文庫]に対して、強い警戒感を持っている印象がありましたし、最近「これからはラノベやコミックの売上伸長に、強く力を注いでいく」的なお話も御座いましたので、

「あぁ…力を注ぐって、そーゆー」

と納得。





――って、経営的には正しいのでしょうが、何かが間違っているよーな気がしないでもないのは私だけであろうか?(苦笑)

でもそー聞きますと、

「今までにアレとかソレとかコンナコトとかアンナコトがあったのは、全部これの伏線だったのかー」

と妙に実感が。
(※註:多分違います)



まぁ、一個人,一オタクとしては「凄いなぁ」,「流石だなぁ」,「MFのBDまで角川価格になったら辛いなぁ」という印象なのですが、一書店員としては

「これから大変だろうなぁ……」

という感想でしょうか。
(※註:メディアファクトリーさんの中の人的な意味で)

あくまで一書店員の印象に過ぎませんが、「各社独立競争型」という一ツ橋グループさんに対して、角川グループさんは、角川色に染めていく「同化政策型」というイメージがあるもので……。

中でも書店レベルで目に見えて分かってしまうのが営業部門関連で、ここ数年、特に某社さんなんかはゴタゴタしっぱなしという話も漏れ聞こえてまいりますし、これからメディアファクトリーの現場の方々は大変なのではないかと、心配していたり(汗)。


一方。
逆にリクルートさんは、“卵”ではなく、“親鶏そのもの”を売ってしまって大丈夫なのでしょうか?
しかもまさに丁度大人に成長しつつあり、今後銀や金の卵を生むんじゃないかと最有力視されている個体だというのに。

ただでさえ「電子化の波の到達を控え、出版関係もこれからはコンテンツの時代」と言われている上に、メインである雑誌が冬の時代で、全体の売上も聖域なく目に見えて落ちてきているというのに。

先ほどの例で言えば「[セブン&アイ・ホールディングス]がセブンイレブンを手放してしまった」ような印象なのですが……ねぇ。










って、超一流企業さんに対して、場末の一書店員がどーこー考えたり口にしたりする話ではありませんか。

そうですか。













……これらも全て角川作品に……(汗)

関連記事
スポンサーサイト



Comments

name
comment
west : URL いやはや…。

#- 2011.10.13 Thu 00:53

ホント驚きました!まさかという…。
某スレではゲルググが連邦のMSになったようなもんだという例えが(笑

しかしながらかなり好調であったにも関わらずこういうことになったのは想定外で…。
MFで言うとはがないの編集の人も講談社側に引き抜かれたようですね。伝聞ですが…。

一消費者として気になるのはMFの商品が協定品とかにはなるんだろうかという素朴な疑問。ならないでほしいなあと思っていたりします。

信楽恭志郎 : URL Re: いやはや…。

#- 2011.10.16 Sun 20:29

> west様

> ホント驚きました!まさかという…。
> 某スレではゲルググが連邦のMSになったようなもんだという例えが(笑

流石ですね例えが(笑)。

> しかしながらかなり好調であったにも関わらずこういうことになったのは想定外で…。
> MFで言うとはがないの編集の人も講談社側に引き抜かれたようですね。伝聞ですが…。

なるほどー。
しかし逆に考えると、好調だったからこそ、目を付けられてしまったという可能性も……(汗)

> 一消費者として気になるのはMFの商品が協定品とかにはなるんだろうかという素朴な疑問。ならないでほしいなあと思っていたりします。

そうですね。
そこが、ウチとしても非常に危惧していたりします。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可