本屋さん戒厳令

Home > 本屋の情報 > 普段同人界隈に関しては微塵も知らず興味も無い、私の勤務先店舗のエライ人が【コミケ黒子のバスケ問題】に感心を寄せていた件。

2012.12.09 Sun 普段同人界隈に関しては微塵も知らず興味も無い、私の勤務先店舗のエライ人が【コミケ黒子のバスケ問題】に感心を寄せていた件。

【同人情報】

お早う御座います。
昨日の前代未聞の衝撃的なニュースから一夜。
web上では未だ大騒ぎとなっているわけですが。


-----------------------------------------

実力行使が考えられる脅迫状により、コミックマーケット83にて[黒子のバスケ]の領布,900スペースのサークル参加が見合わせとなってしまった件。
(本屋さん戒厳令 過去ログ)


-----------------------------------------



本日勤務先のコミック売場でも、朝からその話題で持ち切りで御座いました(汗)。

そして。
それどころか。

なんと普段はコミックの話をほとんどせず、同人界隈に関しては微塵も知らず興味も無い、私の勤務先店舗のエライ人が、この黒バス脅迫・コミケ自粛問題について語っているという状態に。

やはり「コミックマーケットが特定の作品に自粛を要請せざるをえなかった」ということは、かなり重く、多方面に影響がある模様。
もしかすると近いうちに、書店業界にも「大きな危機感を抱かせる」という流れに発展しそうな勢いに感じられたほどです。
(※註:あくまで個人的な印象ですが)





……そうなって欲しいなぁ。
是非、多くの人に危機感を持って欲しい。

警察官の方には申し訳ないが、現状では、どう見ても警察が真剣に犯人を検挙しようとしているようには見えないのです。
「漫画なんかが好きな奴同士の喧嘩」,「オタク同士の内輪もめ」
程度にしか考えていないのではなかろうか?

と思えてしまうのですよ。

だから書店業界や出版業界のエライ人たちが連携して、警察の重い腰をあげさせるために動いて欲しかったりしております。

実際問題、どんどん調子くれてエスカレートして行っている犯人が、今後書店なり版元なりに「黒バスを書店から回収しろ」「打ち切りにしろ」と言ってくる可能性だってあるわけですし。
(むしろ何故やらないのかが不思議。もっと直接的に、“恨んでいる”筈の作者へ甚大なダメージを与えられるというのに。しかし逆に、これをやっていないということが、犯人を特定するためのキーワードのような気がする)

それにこの犯人の大成功を見た模倣犯が、「成功する上に捕まらないなら」と同様のことを、気に入らない作品にやってくることも十分考えられます。

たった1人の人間が、【表現の自由】どころか【言論の自由】すら奪うことが出来ることが証明されつつあるのです。
しかも捕まらない。
何と申しますか……


やりたい放題じゃないか。


是非そうならないために、是非「犯罪はリスクに合わない」ということを示すために、皆さんで連携して戴きたいと考えている今日この頃で御座います。



ちなみに。
聞かれましたのでもう一度。
ヤ、Twitterで言ったことの繰り返しになりますが。
(※註:https://twitter.com/youth_officer/status/277372889433526272

私は今回のコミックマーケット準備会による対応は、苦渋の決断の末だったのでしょうが、最善だと思っておりますし、支持もしております。

何故なら、あの宮崎事件(東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件)の時の対応は正しかったし、マスコミからはもちろん世の中から総バッシング状態だった中でも、我々に表現の場を与え続けてくれた恩を忘れないから。

だからこそ今のコミケがあるわけですし、今の私がいるのです。


本屋さん戒厳令は、黒子のバスケという作品とファンの皆様の活動を応援しております。



↓ポチッて戴けるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可