本屋さん戒厳令

Home > 本屋の新刊 > ライトノベルの書き方本「レシピ・シリーズ」最新刊、[学園レシピ: 魅力的な学園の作り方]発売。

2013.02.10 Sun ライトノベルの書き方本「レシピ・シリーズ」最新刊、[学園レシピ: 魅力的な学園の作り方]発売。

【本屋の新刊】

お早う御座います。
戒厳令の信楽で御座います。

本日は日曜日。
休日です。
となりますと、午前中はお客様も少なく、店内にはまったりとした時間が流れます。



……ので。
今日は1日中、バックヤードの片付けをしておりました(笑)。

もうね。
秋アニメで残しておいたストック分,冬アニメの在庫,新刊の在庫,既刊で処理しきれなかったもの,既刊で未処理のもの等々――。
現在バックヤードは、入る度に


ぎゃーす!


と叫びたくなるような状況になっておりまして。
人数不足のため、物理的に捌ききれていなかったり(泣)。
そこで。
お客様が少ない休日を狙って、一気に片付ける作戦に。

とは言え、当然今日も極少人数でお送りしておりますので……
倉庫に籠るわけにもいかないので、頻繁に出たり入ったりする作業を行なっておりました(汗)。


ちなみに。
書店では“片付ける=返品する”にほぼ等しかったりしまして。
フェア在庫や既刊等を収納する場所を確保しなければならないため、放送終了後特需が完了したと見られる秋アニメや、初動で動きが鈍かった今期アニメ作品を中心に見切りをつけて返品するわけですが……


これが非常に辛い。


できるものならずっと抱えていたい!
……のですが物理的に難しく……
いつも、断腸の思いで選別作業を行なっております。

ああ胃が痛い。

見切る見切らないは売上げと、今後の売上げ見込み情報が全て。
自分の好みが介在する余地は御座いません。
個人的に好きな作品でも、切る時はバッサリ切らねばならないのです。

ああ胃が痛い。


そんな作業の合間でも、自分が発注した新刊が売れたりすると救われた気分になりますね。
とりわけ今日は、昨日発売となった[学園レシピ: 魅力的な学園の作り方]が動いてくれてとてもホッコリしました。





最近多数発売されている「ライトノベルの書き方」本ですが、他に[幻想レシピ],[キャラクターレシピ]が発売となっております“レシピ・シリーズ”は、教科書というよりは参考書。
参考書というよりは便覧といった位置づけの商品です。







ラノベやTRPGの背景世界を設定する際に必要な“お約束”はもちろん、世界を“それっぽく”見せるための方法や、必要不可欠な行事のリストとそれの物語への生かし方等のアドバイスが詰まっております。
また、サンプルな学園やキャラクターも収録されているなど使い方の参考例もあり、至れり尽くせりな内容で御座います(笑)。


このシリーズ。
個人的にはこの[学園レシピ]が一番役に立ちそうですねぇ。
フツーに欲しい(笑)。





ってゆーかですね。
もう忘れましたよ学校行事(笑)。

学園モノのTRPGをプレイしていると、

「あれ、冬休みって何日までだっけ?」

とか

「中間試験て何月の何日頃から何日間だっけ?」

とか

「授業って何分? 休み時間何分? 昼休みは?」

なんてやりとりするの、しょっちゅうですよ(笑)。
もう完全に忘れています。
だって高校生だったのなんて、もうウン十年前だもの。


……結婚して子供でもいれば別なんでしょうけどね!









orz

ああ胃が痛い……。



↓ポチッて戴けるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可