本屋さん戒厳令

Home > イベントレポート・旅行記 > 【鑑賞レポート】川崎チネチッタさんにて「ガールズ&パンツァー 劇場版 チネチッタ LIVE ZOUND センシャラウンド ムービーフェスver」を体感してまいりました。

2016.10.19 Wed 【鑑賞レポート】川崎チネチッタさんにて「ガールズ&パンツァー 劇場版 チネチッタ LIVE ZOUND センシャラウンド ムービーフェスver」を体感してまいりました。

【鑑賞レポート】

お早う御座います。
今年の頭より某出版社の営業さんから「ガールズ&パンツァー 劇場版」の鑑賞回数自慢を聞かされまくっている、書店員の信楽で御座います。
(※註:仕事して下さい)


ヤ、残念ながらワタクシはそんなに回数を見ておりません。

とりあえず量(回数)より質(上映方式)とゆーことで(汗)。



で。
先日。
公式様からこんな告知が御座いまして。

















公開48週目にして、音響監督調整の【新上映方式】が更に登場ですと?!


とゆーことで。



2016_10_18_001.jpg

2016_10_18_002.jpg

2016_10_18_003.jpg

2016_10_18_004.jpg


勤務明けに
川崎チネチッタさんで
「チネチッタ LIVE ZOUND
センシャラウンド
ムービーフェスver」
を体感してまいりました!!



2016_10_18_005.jpg


で。


鑑賞後の一言感想:



耳と胸が痛ぇww



……だがそれが良い。
(ぉぃ)


「かぶりつき戦車道or総火演の音場を目指しました」


とのお言葉は伊達ではありませんでした(汗)。

ってか、BGMが過去体感した上映方式の中で最大音量だったのですが……


それが掻き消えて
聞こえなくなるほどの
SEとかどんだけなん。(大汗)



調整が【効果音】全振りにもほどがあるwww


まさに【大暴れ音響!!】の名に相応しい上映で御座いました。



細かく感想を申し上げますと。


まずサラウンド。
過去体感した上映方式の中で、一番強く感じた気が致します。


飛び交う砲弾!
背後での走行!
会話中の人物の立ち位置!



……等。

もはや「激しく感じた」と言っても良いくらいに。
いやー個人的には、凄く好みで御座いました。



そんな音場の中、BGMは劇場全体から聞こえておりました。

ただ……
大音量ながらこもったような感じ。

また、セリフもこもっていて聞き取り辛く。

そして両者共に、高音部分がかすれた感じでちょっと耳ざわり。


ってゆーか、


そもそも
場面によっては
効果音で聞こえませんww



まさに【極振り】であるパラメータを実感できること請け合いです(苦笑)。



一方で。

全振りされた効果音は、轟音ながらも非常にクリア。
細かい音までとても良く聞き取れました。

特に風,雨,鳥,蝉,等の環境音は、包みこまれるように聞こえる強いサラウンドと相まって、過去体感した中で「トップクラスの心地よさ」と言っても良いかもしれません。



もちろんみんな大好き発砲・着弾・爆発部分は大々々々々迫力!!
シネマシティさんの【極上爆音上映】以上に思えました。
それはもう「音圧がどーの」と言うより、音そのものが爆発したかのように錯覚するかもしれないほど。

シネマシティさんの【極上爆音上映】が叩きつけられる感じとするならば、【LIVE ZOUND】は突き刺さる感じ。


立川が突き飛ばされる感。
川崎がひっぱたかれる感。

立川が空気砲。
川崎が振動砲。



といった様相。
とにかく全身,座席ごと殴られて揺れまくりで御座いました(笑)。



なお。
個人的には、走行音の方がむしろ興味深く。

胸が痛くなるほどの爆音ながらも、細かい音までクリアに聞き取れる上、スクリーンの奥,右後方,等の場所がハッキリと認識出来るサラウンド感!!
戦車がカメラの上をゆくアングルなど、本当に上を通り過ぎたかのような臨場感で御座いました。

特に分かりやすかったのが、冒頭の「第二次大洗市街戦」のゴルフ場シーン。
レオポンたちが撤退し、そこへ侵攻してくるプラウダ戦車軍団の走行音たるや!!

もー感涙モノで御座いました。

あ、もちろん


爆音で聞こえていた筈の
カチューシャのBGMは
掻き消えます(笑)。




【LIVE ZOUND上映】。
事前の紹介文だけでは砲撃や爆発の音量が、ただただデカイだけのように思えましたが、


実際にはセリフとBGM以外の全てがクリアで、サラウンド感マシマシな臨場感たっぷり爆音。


だったとゆー印象です。





最後に総評を。


【チネチッタ LIVE ZOUND センシャラウンド ムービーフェスver】は、事前の説明の通りの


「一見さんお断り仕様」


で、「ガールズ&パンツァー 劇場版」初見の方にはオススメ出来ません。
(きっぱり)

が、公開から11ヶ月目からの上映方式としては有り。
大有り。
激しく有り。


「みんな、もうセリフもBGMも全部おぼえているでしょ?」


と言わんばかりの超極端な調整が、


いっそ清々しくて最高!!


で御座いました。

ワタクシ的には、


極上の名に相応しく迫力満足度の総合力では、シネマシティさんの【極上爆音上映】。

効果音の迫力・臨場感だけに特化して「これでもかコンチクショウ!」と体感したいなら、チネチッタさんの【LIVE ZOUND上映】。



に軍配。
とゆー結論で御座います。


皆様もこの狂った音響を
体感してみて下さいまし!
是非に!!
是非に!!!



2016_10_18_006.jpg



【追伸】


公開48週目にして、


2016_10_18_007.jpg


はじめて
入場者特典
を戴きました!!
(ぉぃ)









↓ポチッて戴けるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
銀兎 : URL

#- 2016.10.20 Thu 15:08

レポート乙です。

と、言うかそんなお馬鹿(賛辞)な仕様をやっていたとは‥‥

入場者特典も‥‥初?(^_^;)

自身で貰うと、どんなシーンでもなんか感慨深いですよね。





信楽恭志郎 : URL 銀兎様。

#- 2016.10.20 Thu 17:52

いやー色々な意味で笑ってしまう仕様で御座いました(笑)。


> 入場者特典も‥‥初?(^_^;)
> 自身で貰うと、どんなシーンでもなんか感慨深いですよね。


爆音各種やウルティラ等、人気の上映方式でいつも鑑賞していたもので、すぐに特典が無くなってしまうんですよねぇ……。
記憶違いでなければ、劇場で戴けたのは初めてだと思われます(汗)。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可