本屋さん戒厳令

Home > イベントレポート・旅行記 > 【イベントレポート】「けものフレンズ制作スタッフトークショー「第1回 フレンズの会」再公演」へ参加してまいりました。例の顔やじゃぱりまんの袋など貴重なお話いっぱいで大歓喜!「最後はみんな、愛で作っていた」!!

2017.06.04 Sun 【イベントレポート】「けものフレンズ制作スタッフトークショー「第1回 フレンズの会」再公演」へ参加してまいりました。例の顔やじゃぱりまんの袋など貴重なお話いっぱいで大歓喜!「最後はみんな、愛で作っていた」!!

【イベントレポート】

お早う御座います。
書店員の信楽、


2017_06_03_004.jpg


in
けものフレンズ
制作スタッフトークショー
「第1回 フレンズの会」
再公演!!




4月29日に開催された、けものフレンズ「スタッフトークショー」。
このチケット販売が4月21日に開始されたのですが……


劇場側の不手際により大混乱!!


大荒れに荒れる展開で、最終的にユナイテッド・シネマ株式会社が謝罪をする事態にまで発展。


http://www.unitedcinemas.jp/news/important.php?id=48063


その後、対応策として追加公演が発表されておりました。












そんなわけで。


2017_06_03_001.jpg


2017年6月3日に「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」にて開催されました、「けものフレンズ制作スタッフトークショー「第1回 フレンズの会」再公演」へ参加してまいりました。


2017_06_03_002.jpg


わー
劇場はフレンズの皆さんでいっぱいだー



……って、おっさんばっかりだと思っていたけど、若い人や女性もいっぱいいてビックリ!
(↑ガルパン脳)


あ、そうか。


「ラフな格好なフレンズさんが多いなー」


と思ったのですが、考えてみれば土曜日でしたね(笑)。

……ちなみに私は、黒のスーツに黒ネクタイ。
だって仕事帰りですもの(汗)。



19時30分。
開場。
もちろん会場は満席御礼!!
そんな中。
ワタクシは


2017_06_03_003.jpg


「C列8番」という、前の方でかつ端な席だったため軽く絶望していたのですが……


2017_06_03_004.jpg


登壇者様の目の前とゆー良席で、大勝利で御座いました!!


と突然、目の前に「ガールズ&パンツァー」のイタリア軍監修でお馴染みの吉川和篤先生があらわれ、隣の席の方とお話をなさるという場面に遭遇。


先生いらっしゃってたんですかい!


……いやーガルパンおじさんでけもフレ好きな人、多過ぎでしょー!!
(※註:あなたもです)



20時。
いよいよ開演です。

前半は、福原慶匡・アニメプロデューサーと細谷伸之・テレビ東京プロデューサー両氏による「プロデューサー・トーク」パート。
後半は、福原Pに加えて、たつき・監督,伊佐佳久・作画監督,白水優子・美術監督による「制作トーク」パート。

特に制作トークパートは、第1話から第4話までの映像を流しながらの進行で、さながら


生オーディオコメンタリー!!


という、ワタクシ得仕様で御座いました。



前半の見どころは、やはり福原Pと細谷Pとの軽妙なトーク!
開口一番に大爆笑!!


「真裏でかぶってしまった声優さんたちの「声優パラダイスR 発売記念特典お渡し会」を蹴ってまで、裏方のトークショーに来て下さって有難う御座います!!」


おい。












この時間の真裏で「けもフレ」声優さんによるイベントがある上に、今回は前回の会場の倍のキャパシティとのことで、埋まるかどうか心配だったそうです。
のちに監督も同様のことをおっしゃられていて、大変恐縮されているご様子でした。


この他にも、



声優の小林ゆうさんと金田朋子さんのキャスティングは、話題性が欲しかったとのことでテレビ東京側からの要望だったとか、

その小林ゆうさんはツチノコを知らず、説明するのが大変だったとか、

テレビ東京の社長は本当に「けもフレ」大好きでニワカではなく語りだすと止まらなくなるとか、会見で「けもフレ」再放送の熱望発言をして隣りにいた編成局長が慌てたとか、

ひっそりと放送が終わったらロフトでイベントをやろうとプロデューサーと監督が話していたのに、こんな大規模な劇場でやることになるとは!と驚いていたとか、




面白裏話が大炸裂で御座いました(笑)。



一方の制作トークパート。
衝撃だった裏話は、


スナネコが持っていた
「じゃぱりまん」の袋は、
ファミチキの袋。



とゆー事実でしょうか。
言われてみれば確かに!!!(笑)


また一番笑ったのは、突然たつき監督が


「あの顔ちょっと見たい」


と言い出して突如シークバーを戻し、何回かリピートして探し出してサーバルちゃんの“例の顔”のところで停止させたところ。
(※“例の顔”とは、奇跡のアホ面としてネタにされまくっている表情で、第1話の12分17秒辺りにある↓)


2017_06_03_06.jpg


本日一番の大爆笑で御座いました(笑)。

監督はまったく記憶にないそうで、伊佐作画監督が描いたカットとのこと。
中割ということもあり、監督は「よう見つけたなぁ……」と感心なさっておられました(笑)。


この他にも貴重なお話盛り沢山!!



・第1話はビルド&クラッシュで、凄い回数作り直した。

・キャラはいわゆるハンコ絵にならないようにした。

・サバンナの乾燥が本当に大変だった。専用のブラシを作った。凄く苦労したが慣れてきたころに舞台がジャングルになってしまった。

・ヨレヨレの紙飛行機、CGだと凄く大変だった。

・「夜行性だから!」アホ化が進んでいますね。

・第7話のOP変更は、ギリギリの完成だった。細谷・テレビ東京プロデューサーに待ってもらった。

・ジャングルも背景に苦しんで、10種類くらいブラシを作った。この背景はバンクを使っていない。

・ジャングルの川のねっとり感を出したかった。

・木漏れ日の表現等、撮影プロダクションの人が頑張ってくれた。背景の美しさは美術と撮影の連携によるもの。

・みんながギャグシーンで笑ってくれて嬉しい。作っている時は分からないから。全部滑り倒していたらどうしようと思っていた。

・コツメカワウソはアプリゲーでは外れ扱いだったので、活躍させられて良かった。当初はサル系のフレンズだった。

・しんざきおにいさんに迷惑をかけていないか心配。

・バスは試作を凄い数作った。

・制作中に「ズートピア」が公開された。ピクサーは1カットに1ヶ月かけるので、けもフレだったら12分しか作れていない。

・たつき監督は物知り。何でも浅くひっかけておくらしい。

・webの考察班はスタッフより早く気付く。

・トキの歌は4,5回歌ってもらった。

・美術監督の白水さんは、けもフレのために前の会社を辞めた。その後前の会社の社長がけもフレの美術を褒めてくれた。やりたいことをやればいい、と背中を押してくれ感謝している。

・動物だった頃~のセリフとか、考察班よく気付くよね? 最終回の「つづく」とか。監督曰く「つづく」は2時間はもつ筈だった。すぐにバレてツイッター見てビックリした。

・ガケ登りのポーズもよくネタにされるよね。

・柱とじゃぱりまんは、かばんちゃんの歌の収録が先だった。

・トキのデザインは凄い。吉崎先生は凄い。たつき監督曰く「観察力ゥ…ですねぇ…」

・シャッツキステで構成を書いていた。のちにコラボが決まってビックリ。角川怖い。

・ジャパリカフェはシャッツキステがモデル。

・最後のトキの歌は「ちょっと上手く」という鬼畜オーダー。

・サーバルちゃんがはねられる例のシーン。大爆笑も「笑った人は2人と同罪ですから」発言。監督曰く「第3話はサーバルの頑丈さをMAXで出そうとしていた」

・本当はバスは第1話のラストに登場する予定だった。サーバルがはねられてミライさん登場という流れ。

・制作スタッフにも声優さんにも展開を教えない。結末を知っていると演技も変わってきてしまうから。

・基本、たつき監督が1人で全部やる。メリットは結構あったが、とにかくしんどい。

・1クール1人で全部演出したのはアニメ史でも、たつき監督くらいじゃないか。

・水島精二監督に「12話全部演出やるとか頭おかしい」と言われる。

・始まる前、みゆはんのスナネコの演技が心配だった。でも杞憂だった。

・バイパスのシーンは、怖いって評判。

・小林ゆうさんの演技が凄まじく、声とのギャップがあったので、声に合わせて画を修正した。

・第4話の出口の溶岩。美術監督も理由を知らずに「どこから流れて来たんだろう?」と思いながら描いていた。最終回、「そうだったのか!!」と驚いた。

・ボスがミライさんを映すシーンは、基本明るいから見えない。10話までは全て明るいところの筈。第2話は方向に注意した。

・キャラと声が合っているのが重要。プレスコに近い方式なので、演技に合わせてキャラの動きを修正。ほぼ作り直しに近い。

・監督曰く(Cパートのアライさんに)いいアホですね。

・(Cパートのカワウソに)こっちもいいアホ。




……等々。

それら中で、一番印象的だったのはこちらの言葉でしょう。


最後はみんな、
愛で作っていた。



やっぱり愛ですよね!!
そんな作り手の愛が映像から感じられるからこそ、これほどまでに大人気となった,と言っても過言ではないのではないでしょうか。

いやもう本当に、貴重なお話を聞けまして


大まんぞく。


超絶に


たーのしー!!


あっという間の2時間で御座いました!!!



最後に。
「フレンズの会」にご参加なされた皆様、お疲れ様で御座いました!
そして、たつき監督をはじめとした伊佐佳久・作画監督,白水優子・美術監督,福原慶匡・アニメプロデューサー,細谷伸之・テレビ東京プロデューサーと全ての関係者の皆々様、こんなにも素晴らしい会を企画して下さって、本当に有難う御座いました!!


2017_06_03_005.jpg


それではまた、
ジャパリパークで!!








↓ポチッて戴けるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可